貸し会議室で借りられる物

 

会議や研修会で利用する備品

貸し会議室ではいろいろな備品を借りることが可能です。例えば会議に必要な椅子や机も貸出してくれます。

 

また会議ではホワイトボードを使用して内容説明をする、プレゼンテーションソフトを使ってプレゼンを行うこともあるでしょう。

 

プレゼンソフトをプロジェクターなどで映すときはパソコンが必要ですが、会社からパソコンを持ち出すのは情報漏えいの危険性も考えられますし、運搬中に破損してしまって保存してある大切なデータが失われてしまうのも避けたいところです。

 

貸し会議室ではパソコンもレンタルできますので、プレゼンテーション用資料のソフトだけを持って来れば、その場でプレゼンテーションソフトを再生できるようになっています。

 

またその時に使用するプロジェクターなども貸し会議室にて借りることができるのです。プロジェクターやスクリーンは大勢の参加者が会場に集まる研修会や説明会にても使用する備品ですが、こちらも貸し会議室にて用意してもらうことができます。

 

また大勢の人が集まる研修会、説明会の場合は、会場の後方にまで声が届くようにマイクを使用して話をすすめていきます。

 

その時に使用するマイクも有線タイプやワイヤレスタイプなど、利用方法に応じて選べるようになっているのです。

 

このように小人数の会議から大勢の集まる研修会や勉強会でも会の進行がスムーズにすすむような備品をその場で借りることができるようになっていますので、自社で会議を開催するのと同じ感覚で貸し会議室を利用できるのです。

 

貸し会議室が気になるならここから

展示会で使用できる備品

貸し会議室をイベントや展示会で使用することも出てくるでしょう。そんな時に利用できる便利な備品を貸し会議室利用時に借りることができます。

 

イベント会場に入ったときに、イベント名やイベントを開催した会社名が入り口にて一目でわかると便利なのですが、それ専用の看板も貸してもらえます。

 

他にもベルトタイプのパーテーションも貸し会議室にて借りることが可能です。イベントや展示会を開催する場合、来場者の移動をスムーズに行うためにパーテーションにて通路を作ることがありますし、壊れやすい展示品に関してはパーテーションにて区切って展示品と通路の間に距離を置くようにするのです。

 

ベルトで仕切る事のできるタイプのパーテーションは、イベント会場にて重宝されるのですが、それも貸し出してもらうことができるのです。

 

 

 

 

他にも完全に場所を区切りたいときは、ベルトタイプではなくすりガラスで向こう側が見えないようになっているパーテーションも貸してもらうことができます。

 

来場者の方にイベントの内容や、イベントを開催した企業や個人の事を知ってもらうために、紹介パンフレットなどを入り口や出口に置くこともあるでしょう。

 

それらを置くためのカタログスタンドなども貸し会議室にて貸し出しているのです。また、無線機の貸し出しも行っていますので、会場内でスタッフ同士がコミュニケーションをとる手段として使えます。

 

イベントに必要な備品のほとんどすべてを貸出ししてもらうことができるため、貸し会議室を利用すれば自分で備品を用意する必要もほとんどありません。